家族で慎ましく行われる葬儀の内容を調べてみよう

家族で静かに迎える最後の別れ

大切な人を失うのはとても悲しいことです。そのため、家族の中には精神的にも負担が大きくなっている人もいるでしょう。そんな時に葬儀を行うことで、さらに精神的負担をかけてしまうことがあります。そういった問題をなくすため、家族葬を行う人達が多くなってきました。

葬儀のプランを比較して考えてみよう

故人が好きだった花を囲んだ家族葬

葬儀プランの中には、棺の周りや遺影付近に花を飾ることで、旅立ちを明るく見せるものがあります。葬儀では故人が好きだった花を選ぶこともできます。しかし、中にはお供えしないほうがいいとされる花も存在しているため、江戸川区の葬儀社によっては細かな打ち合わせを行うところもあります。

シンプルな白木祭壇を使った家族葬

葬儀といえばイメージしやすい白木を使った祭壇は、日本の古くからの葬儀方法とされています。実際に棺を納めることができる大きさの白木祭壇は、土葬を行っていた際には輿として利用されていました。丁寧な彫刻で模様を描くことで清楚さを出す白木祭壇での葬儀は、凛とした最後を迎えられると選ばれることが多いです。

家族で慎ましく行われる葬儀の内容を調べてみよう

葬儀

身内だけで行われる家族葬

故人の最後として華やかに行われる葬儀ですが、家族だけで行いたいと考える人も少なくはありません。そんな時に行われるのが家族葬と呼ばれる葬儀方法です。家族だけで静かに行うことができる家族葬は、大切な人を失った家族の精神的負担や体力的負担を軽減させることもできます。

家族葬が行われる理由

昔は葬儀といえば家族だけでなく、友人知人と多くの参列者を募っていました。しかし、現在は様々な理由から慎ましく葬儀を行いたいと考える人達が増えてきました。また、故人の希望で家族だけの葬儀を行う家庭も多いため、葬儀社も家族葬のプランを多く出してきています。そのため、葬儀社への家族葬に関する相談も行いやすくなっています。

家族葬を行う際の準備は大切

家族だけで葬儀を行うと考えた時、様々な準備を行わなくてはなりません。その1つが家族葬の範囲の確認です。「遺族だけの葬儀」といっても、どなたまで連絡を入れる必要があるかをきちんと話し合わなくてはいけません。また、家族葬を行う旨を故人の知人や近隣に伝える必要があります。この連絡をきちんと行っていないと後々トラブルに繋がってしまいます。

葬儀の流れを把握しておくことは大切

ご遺体をお迎えする

病院などで亡くなった場合などは、霊安室へ葬儀社のスタッフが訪れます。そこから寝台車へ乗せ、自宅まで送ります。また、通夜の際には納棺や死に化粧なども葬儀社スタッフが行ってくれます。家族葬の場合、故人と親しかった人だけに連絡することが多いです。

告別式で最後の別れ

告別式は故人との最後のお別れの席になります。家族葬では、身内だけの葬儀になるため、静かに行われます。また、故人にあてた手紙や寄せ書きなどを添えることもあります。金属などが含まれる品は入れることができません。

火葬を行い骨上げ

最後のお別れが終わると、火葬が始まります。終わるまで火葬場で待ち、終了した後に骨上げを行います。1つ1つの骨を丁寧に箸で拾い、骨壷に収めていきます。全ての骨を拾い終えると骨壷の蓋が閉じられます。この時に、棺に入れることができなかっためがねや指輪などの金属が含まれる品を入れてあげることができます。

初七日法要を行う

故人が亡くなってから7日経って行われる供養になります。多くが亡くなって時間が経ってしまっていることから、「繰り上げ初7日供養」と呼ばれています。この時に、弔いの心をねぎらう精進落しと呼ばれる特別な食事を取ります。

自宅で忌明法要を行う

葬儀が終わり自宅に戻れば、「忌明法要」と呼ばれる供養を行います。故人が亡くなってから49日までの間、後飾り祭壇を設置します。この時にわからない点があれば、葬儀社に相談してみるのもいいかもしれません。また、この忌明法要が明けてから、葬儀に呼ぶことができなかった人達へ連絡をしましょう。

広告募集中