医師

自己判断の危険さについて

治療の大切さ

女性

痛風の患者は、99%が男性です。40〜50歳代に多く、非常に強い痛みがあるのが特徴となっています。こうした痛風は、きちんと治療することが非常に大切です。というのも、発作を繰り返す病気だからなのです。痛みが治まったとしても、治療をしていなければ1〜2年もするとまた発作が起こります。もし発作が起きなかった場合でも、心臓や脳の血管障害を合併したり、腎不全になることもあるのです。ですので痛みが引いたからといって、治ったと自己判断するのは危険と言えるでしょう。また、アルコールの過剰摂取やストレスなども、発作の引き金になるので注意したいところです。痛風は薬物療法で改善することができますので、きちんと治療をすれば怖い病気ではありません。

今後どう変わっていくのか

痛風というのは発作が起きている間、激しい痛みがある病気です。しかしその痛みが治まると、他には殆んど自覚症状がありません。そのため痛みがなくなった時点で、治療をやめてしまう人が多い傾向にあるのです。そうした事を無くすためにも今後は、目に見える形で治療経過を見せるようなシステムが生まれてくるかもしれません。分かりやすく数字で正常値との線引きをし、それを治療の都度見せるのも理解しやすいでしょう。その数値に、ここで治療をやめた場合の予想画なども付ければ、より分かりやすくなります。治療がどの程度進んでいるかが分からずに、自己判断でやめる人は多いのです。そのため、こうして目で理解すれば、そうしたことも少なくなるような気がします。

健康な生活を送るために

医師

人間ドックは、健康な生活を送るために健康診断をしっかりとまとめて行うシステムです。必要に応じて検査項目も増やせます。横浜の人間ドックは、そんな検査も楽しみにできるプランのある病院もあります。楽しみになれば毎年1回の健康診断も面倒に思わなくなります。

Read more...

世界一の長寿国になる為に

看護師

横浜などの繁華街に通う中年層は人間ドックを積極的に受けます。それは、楽しい人生を、健康で生きたいという意志の表れです。それほど、人間ドックでの病気の発見能力はずば抜けて高いのです。

Read more...

悪性骨腫瘍のポイント

医者

悪性骨腫瘍で最も頻度が高いのが骨肉腫であり、発症が10歳代に多く、症状も膝などの痛みや腫瘍が特徴です。症状では気づかないこともあり、運動盛りのお子さんは注意が必要です。骨肉腫の治療は、以前の切断術から患肢温存手術ができるようになりました。

Read more...